Posted by sablet

Posted by sablet
  1 comments
  0 trackback

剱岳 あくまの山

剱岳に行く事に決まった時、私は同意した事を少し後悔した。
だって怖いんだもんw

今回は剱沢キャンプ場ベースの二泊。

2012年9月1日(土)

室堂(10:35発)ー新室堂乗越(12:20)-剱御前小舎(13:45着)(14:05発)ー剱沢キャンプ場(14:40着)
歩行時間:約4時間


$臨機応変にゆこう

ムーンライト信州で信濃大町に入り、立山黒部アルペンルートの乗り物をいくつもいくつも乗り継いで室堂へ。
この乗り継ぎで最速で室堂9:25着です。(日にちや曜日によって全然時刻が違うけど)

乗り継ぎの合間に蕎麦だアイスだの、色々食べた(゚∀゚)
$臨機応変にゆこう


室堂はもくもくの晴れ!

$臨機応変にゆこう

ターミナルにある"登山情報"のホワイトボードには8月の登山事故の件数や概要が書かれている。

『○/○ 70代女性 剱岳…にて滑落 重症』

こんな書き出しが何行も。
8月だけでこんなに!?((((;゚Д゚)))))))
更にビビる私。

この日はずっとドキドキを抱えながら剱沢に向かう。

それにしてもやっぱり立山は綺麗。

$臨機応変にゆこう

観光地化されていて、道も物凄く整備され、それこそハイヒールの人だっていそうな場所だけど。
アルプス!って感じが私にはする。
前も思ったけどやっぱりハイジが走ってそうなんだよね。

$臨機応変にゆこう

$臨機応変にゆこう

さて、雷鳥沢キャンプ場を過ぎると、ようやく登山道。
剱岳はチラチラと姿を見せてます。
ギザギザ…。
ドキドキ…。
悪魔の山!(見かけのイメージ)((((;゚Д゚)))))))

途中、野生のブルーベリーを摘み食いしたりしながら。

$臨機応変にゆこう


$臨機応変にゆこう
チングルマの種子が綺麗。

$臨機応変にゆこう

隙あらば寝る友人。
そうだよね。寝不足だよねw
$臨機応変にゆこう

御前小舎に着くと、雨がふってきた。
急いでレインウェアを着て、ビールを買ってd(^_^o)、あと少し。剱沢キャンプ場まで歩きます。

$臨機応変にゆこう

キャンプ場からは目の前に剱岳がどーん!

$臨機応変にゆこう

カールになっていて、なかなか気持ちのいいキャンプ地だった。
水場もあり。トイレも紙もあって綺麗。

$臨機応変にゆこう

さて。
テントを立てたらご飯!ご飯!( ´ ▽ ` )ノ
今回の山行はとにかくご飯充実!

なのですが…
一日目の夜は翌日の剱岳登山に緊張していたのか?あろう事か写真が一枚もなかった…ww
私とした事が…ありえない(TwT。)
不安と緊張の想いを心の片隅に抱え…。思い切り飲む事も出来ず…。
なんとなーく、モヤモヤしたままこの日は就寝。

さて!明日はいよいよ剱岳!

スポンサーサイト

Comment

sablet says... "1. やっぱり(笑)"
続きはよ。

やっぱりブルーベリー食べたかー。
木イチゴもあったよね。
うちらが行ったとき、サブレさんだったら食べるよね。みたいな話しながら歩いてたんで(笑)
2012.09.14 09:11 | URL | 79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/116-5689a2d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。