Posted by sablet

Posted by sablet
  2 comments
  0 trackback

紅葉の火打山→妙高山縦走 ②

2012年10月8日(月)

黒沢池ヒュッテ(8:05発)-大蔵乗越(8:35着)(8:45発)-水場分岐(9:30着)(9:45発)-妙高山山頂(11:10着)(11:40発)ー風穴(12:45)-光善寺池(13:00)-天狗堂(13:10着)(13:25発)-大谷ヒュッテ(13:30)-赤倉ゴンドラ(15:00着)
行動時間:約7時間

さて、3日目。
この日は妙高山に上がります。

凍ったパリパリの幕をかじかむ手でパッキング。
辛い作業だった。出発前の8時で-1度でした。

P1110302.jpg

でも、今日はお天気はすごく良さそう!空がスッと青い。
キリッと冷えた空気の中、出発です。

P1110311.jpg

大蔵乗越まで上がると下には池塘、長助池が見える。長助池のほとりにあるベンチが座ってくれる人を待っている気がした。
なんて気持ち良さそうなロケーション・・・

P1110317.jpg

そして、目の前にはどとーんと高い山。
P1110314.jpg

え?まさか、あれ、登るのかなw
高く見えていた妙高山はそこから更に下り、見上げる程に。

ここ3週間山に登っていなかった&1人で寝食全ての荷物を背負い、私は少し弱気になっていた。
あの長助池の脇のベンチで紅葉を見ながら日向ぼっこしたいな・・・。
私、登るの無理かも・・・
だってあんなに高い・・・
ってゆうか、あのベンチすごく魅力的・・・

でも、2人は勿論登るって言う。そりゃそうですよねw
しばらくウダウダ考えながら歩いていたけれど、結局2人に励まされ登ることにする。
こんな弱気な自分といつも戦って、うじうじして・・・。嫌になってくる。
や、ほんと2人にもごめん(。-人-。)

水場の分岐で休憩をしながらここからの急登に備えエネルギーチャージ。
大分あったかくなってきた。

さて!
登ります。覚悟を決めた!
食糧はほぼ消費したとはいえ、やっぱり重い。
ここ最近の体調不良、体重減、運動不足、全部がしっかり体にサインをくれている。
いつもの足取りとは全然違うのが、こういう辛い場面で分かる。

P1110326.jpg

紅葉に励まされ、少しずつ着々と高度を上げていく。頑張れ、私。
休むスペースなどはほとんどないので、ひたすらゆっくり着々と。

P1110324.jpg

山登りは頑張るのが好きな人がする遊び。
本当にそうだな、と思う。
人に山登りの楽しさを説明するのって難しいもん。
だってこんなにも辛い・・・ww

1時間半の急登を登ると、山頂はすごい眺望でした。
北アルプスも綺麗に。ご褒美だ。頑張った私の自分で掴んだご褒美!

P1110334.jpg

ポカポカいいお天気。

登ってきて良かった!
30分くらい景色を楽しみ、写真を撮って。

P1110342.jpg

下山は赤倉方面へ。
山頂付近には少し鎖場あり。

妙高は、冬にはよく滑りにきているエリアだったので、やっと登れて満足。

今度は冬にくるね、ミョーコーさん!
なんだか段々親しみがでてきた。
今度のゆるキャラグランプリでは投票してあげないと。
P1110349.jpg

P1110348.jpg

野天風呂のある燕温泉への下山にしようかと入山前までは思っていたのだけれど、昨日の雨でかなりどろどろだ、と途中でで会ったおじいさんに教えてもらい、赤倉のゲレンデのほうへ降りることにする。
本当は計画書通りに歩かないといけないよねww
ま、この先に危険箇所もないし!と赤倉方面へ。
P1110356.jpg

P1110352.jpg

ブナ林。ここは緑の世界。
P1110374.jpg

最後はいきなりゲレンデに出た。
P1110379.jpg

いい斜度だけど歩くには歩きづらい・・・ww
斜めに斜めに蟹歩き、後ろ歩きなど各々歩きやすい歩き方で点々バラバラに苦労して下る。
ここにも久しぶりに滑りにきたいな。

下山後は、赤倉のお風呂に入り、帰りは新幹線でビュン!
もう一泊くらいしたかったなぁ…(*´∀`*)

スポンサーサイト

Comment

asaasa32 says... ""
わー火打妙高!!
いつか行きたいなと思っていたんですよね
sabletさんのレポを見たら、来年の秋山第一候補になりました(*´m`)♪
紅葉もいい感じですね~


でも妙高山…写真を見ただけなのに、sabletさんとおんなじ気持ちになっちゃいましたよー!!(無理かもっていう( ・∀・;))
山頂からの風景は本当にご褒美ですねヾ(≧∇≦*)ゝ感動です!!
2012.11.13 20:53 | URL | - [edit]
sablet says... "Re: タイトルなし"
> asaasa32 さん

妙高山を見上げた時の、あのゲンナリ感は忘れられません(笑)

1泊2日でこのコースを歩く人も多いみたいなので、お手軽に行けるかもです(*´∀`)
2012.11.14 12:38 | URL | - [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/122-4715ffc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。