Posted by sablet

Posted by sablet
  2 comments
  0 trackback

残雪の鳳凰山

今年は春が早い。
東京では桜も満開になる3月25日、鳳凰山にいってきた。
コースタイムは後で追加します(多分)

アクセスは甲府駅からタクシーで夜叉神登山口まで(9000円)
夜叉神登山口までの凍結箇所は一切なし。もうノーマルタイヤで大丈夫。

*************************

考えてみたら少し久しぶりな気がする雪の上のテント山行。
装備も重い。
夜叉神登山口から夜叉神峠までの最初の1時間の退屈な登りは辛かった。
1時間で標高差は400mほど。
心折れるには十分な高度。
夜叉神峠に着いた頃にはこの先行けるかな・・・?と、友人から珍しく弱気な発言も。

でも、夜叉神峠からの白峰三山の眺めは、元気をくれた。
北岳から間ノ岳の稜線で強風に遭い、撤退したのは3年前の夏?だっけ?
あの時の状況で今の私は撤退するだろうか?風にも随分強くなった気がするな。

少し長めの休憩を取り、気を取り直して出発。
P1130264.jpg

ココからまずは杖立峠まで。CT二時間の緩い登り。
P1130442.jpg

半分ほど行くと登山道はほとんどがアイスバーンになってくる。ココで、軽アイゼンを装着。
P1130265.jpg

アイゼンなしで下山してる人に驚いた。疲れそうだわー。
苔の多いトレイルなので、氷を避けて登山道を踏み外す事のないように。
めんどくさがらずにアイゼンを早めに履き、氷をガツガツ歩かなくてはいけないと思った。
P1130267.jpg

杖立峠からは大分雪も増え、踏み抜き跡も多数。
ポカポカな陽気で腐れた雪を踏みながら苺平を目指す。青空。
P1130275.jpg

途中開ける場所が何度もあり、段々と目線が近くなる白峰三山を楽しめる飽きないルート。
苺平まで来ると、この変なキャンプファイアーの骨組みみたいなでっかいやつの埋まり具合でそこそこの積雪を実感した。
P1130280.jpg

苺平からは緩い下り。
途中、SBも電波が一時的に入ります。
docomoやauも入った模様。
P1130281.jpg

南御室小屋はこの数週間で水場も復活したらしく、避難小屋もあるし、トイレも使用可能。小屋の一部も空いていた。なんて快適な環境なんでしょう!
この日のテントは3張+私たちでした。
P1130284.jpg

無風、快晴。
テントも気持ちを落ち着けてゆっくり張れたお陰か?比較的上手く張れたんじゃないかと。
寝床の下の雪をちゃんと整地したらあまりの寝心地の良さに驚いた!
P1130290.jpg

P1130287.jpg

夜は友達のテントにお邪魔してカレー鍋を。
お餅とチーズの追加投入が思いの外美味しくて、ビール、ワイン、梅酒、ラム…と、持ってきたお酒はほぼ全て消費。
P1130293.jpg

21時頃までこそこそキャーキャーおしゃべりしてしまいました。周りのテントの方にご迷惑だったんじゃないかと・・・申し訳ありません!!

*************************

で、翌朝。
『明日は5時起床、6時半発!ですからね!!』
とか、自分で言っていた癖に想いっきり寝坊。(一応私がリーダー?w)

6時過ぎに目覚め、出発は7時過ぎ…。
まぁこのメンバーだといつもの事。

お天気は良さそう!
風も弱い。
これはいい!と、急いであがる。

P1130311.jpg

白峰三山がかなり大きく目の前に。

富士山と雲海。
P1130315.jpg

南アの南部方面の山も見えた。
P1130316.jpg

P1130323.jpg

薬師小屋は雪の中。
P1130420.jpg

P1130328.jpg

白い雷鳥がいると聞いていたので探したけれど足跡しか見つからなかった…残念…。
P1130353.jpg

P1130409.jpg

観音岳の山頂まで来ると、甲斐駒ヶ岳が目の前に。
P1130371.jpg

期待した通り北アルプスも綺麗に見えた。

なかなかのコンディション!
P1130361.jpg

地蔵岳まで行きたいところだったけど、一部分だけかなり斜度のある斜面?があるとかで、軽アイゼンだし、ノーピッケル。時間も時間なのでぐっと我慢して折り返しました。

P1130389.jpg

観音岳に着いた頃には、稜線らしい強い風が吹き始めてた。

それにしてもこの稜線は最高に気持ちよかった!!

南御室までは滑るように下山。

P1130422.jpg

テント撤収後、小屋の開放スペースをお借りして昨晩の残りでカレーリゾット♡

P1130424.jpg

少しだけ残っていた梅酒も空けて、みんなでご機嫌に下山。

以前夏に鳳凰三山を縦走した時もなんだかすごく好きな山だなぁ!と感じたけれど、今回もとてもいいイメージを持った。
歩いていて飽きのこない山なのだ。
今度また、違った時期に歩いてみたいと思う。

そして何より久しぶりにたっぷり歩いた気がする。
ここ最近はお山で遊んでもあまり歩いていなかったから…。

歩くのはやっぱり楽しい。


スポンサーサイト

Comment

tatsu_m1113 says... ""
鳳凰三山はやっぱり素晴らしいですね〜。登りが長くて嫌になるけど、稜線出ちゃえば最高の縦走路!そういえば雷鳥は去年30年ぶりにこの辺りで確認されたんでしたよね。やっぱりいるんだな〜。

そして、一ノ倉沢のカモシカのおっちゃん・・・やっぱり今年もいたんですね(笑)
2013.04.08 08:47 | URL | - [edit]
sablet says... "Re: タイトルなし"
>tatsu_m1113 さん

勝手に雷鳥の足跡とか書いたけど、違うかもしれません(笑)
まだ真っ白モフモフな時の雷鳥に会った事がないから楽しみにしていたんですけどね。
また来年までお預けかなー・・・(゚∀゚ )

そして、一の倉のおっちゃんの存在をご存知なのですね!!w
周りの友人でも知っている人がいたりして・・・結構有名人だなぁ!
2013.04.08 13:44 | URL | - [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/133-556f9698
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。