Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

信越トレイル スルーハイク DAY3 グリーンパル光原荘~赤池テントサイト

DAY3

2013年10月13日(日)

グリーンパル光原荘ー関田峠(7:00発)-黒倉山(8:00)-鍋倉山(8:25)-小沢峠(9:35)ー仏ヶ峰登山口(10:40着)(11:00発)-桂池テントサイト(12:10)ーソブの池(13:30)-涌井(13:50)-涌井林道脇の水場(14:45)-涌井新池(15:00)-毛無山(15:40)-希望湖(15:55)ー沼の原湿原のトイレ(16:30)-赤池店とサイト(17:05着)
行動時間:10時間5分(約31.6km)※コースタイム:14時間35分

やっぱり寝坊。
6時に出るつもりが5時半過ぎに起きた。

P1150256.jpg

外はかなり濃いガスが立ち込める。まじか・・・行きたくない・・・。
結局、700mのショートカットをして関田峠を7時にスタート。

教わったコクワの実と山ぶとうを探しながらゆるゆる歩く。
っていうか、探しすぎて横ばかり見ていたおかげで躓きまくったw

P1150267.jpg

初っ端から素敵な林相。

P1150274.jpg

振り返ると、恐らく関田峠から戸狩あたりまでが信越トレイルのハイライトなのでは?と思うくらいとにかくフカフカで素敵なトレイルが続く。好きな区間だった。

露がついてよく見える。今日は私の勝ち!
P1150271.jpg

今回こんなに山くいに会えたのって結構嬉しいこと
P1150278.jpg

いい雰囲気。

P1150279.jpg


P1150281.jpg

私でさえ走りたくなるような。フラットもしくは緩い傾斜。ずんずん進む。
ここが一番好きな場所だった。
P1150288.jpg

脚に優しいふかふかが続く。

P1150294.jpg

明らかにコクワの実を食べたであろう糞。随分大きいけど、熊?にしては小さい?まだみずみずしい。
P1150291.jpg

小沢峠までのCTは4時間とあったが、2時間半で着いてしまった。
あんなにタラタラ歩いていたのに?
ここまで巻いてしまうとCTへの信頼が下がるな、と思いながら、同時に今日の残りの行程について考え始めた。明日の分も歩けちゃうんじゃないか?という欲。

仏ヶ峰辺りで青空が見え始める。

いよいよ戸狩が近づいてくると、向かいの山にぼんやりと野沢温泉スキー場のスカイライン(ゲレンデのコース)が見えた。
懐かしい。
戸狩に向かう足取りが軽くなる。

そして、戸狩のゲレンデに出た。

P1150297.jpg

リフトの降り口が見える。多分とん平のシングルリフトの上。
暫くゲレンデを下りると、ラビット(これもコースの名前)の上に出た!
おぉ。これはなかなか感慨深い。

P1150307.jpg

暫く想い出に浸りながらリフトの脇に座って戸狩温泉の町並みを眺めた。
雪がないとなんだか変な感じだけど、大体コースも分かって面白い。
ゲレンデの下の方には、コースの真ん中にスキー地蔵というお地蔵様がいて、毎年滑り始めにはお祈りをしていた。
ひとっ走り下ってお祈りしようかな?と、一瞬思ったが、ゲレンデを登ったり下りたりすることの辛さは知っているので諦めて上から念を飛ばし(?)立ち上がった。

P1150308.jpg

さて。
あんまりノンビリしてないで歩かないと。

戸狩から桂池までは標高が大分下がったのかな。植生も変わる。このあたりでトレランの人と初めてすれ違う。

こんな感じの沢を3回?越える。
P1150311.jpg

この日一番大きな声を上げてしまった場所。下の方をよーく見て・・・押し花みたいに・・・(この辺りからこういう説明の看板が多数立っています)
P1150313.jpg

沢を数回越え、若干ぬかるんだトレイルを歩いていくと、桂池のテントサイトに着いた。
この時点で12時。
予定ではここに泊まる予定だ。
テントサイトを覗くと数人のグループがピクニック的な感じで楽しそうにご飯を食べていた。

P1150321.jpg

うーん…。
ビールもないのに、12時から夜まで過ごすなんて無理…
この雰囲気の中1人でテント張るのもなんだか気が進まない。

CTではこの次の赤池テントサイトまでは7時間半くらいある。ここまでのCTはかなり甘かったし、いけるか?日没って何時だっけ?
まぁ、最悪どこかでステルスかな?と、覚悟を決め、かなり迷ったけど先に進む事を決める。

こんな事ならあんまりノンビリしなきゃ良かったな。と、思いながらサクサク歩き始めた。

この後、トレイル上で何人かの人に会った。
5組くらいかな?スルーハイクっぽい人やトレランの人。重装備の人は赤池からきたのかな?

太郎清水では水は汲まなかった。(くもの巣が盛大に張っていてちょっと躊躇った)

P1150323.jpg

黒岩山は順調に越えたが、この後のソブの池までの林道がかなりかったるかった。
林道ってサクサク歩いても基本CT巻かないし。今までのCTとはエライ違いだ。

P1150333.jpg

ソブの池に着いた所で、赤池まで行けないかも?と、迷い始める。相当真面目に歩いたつもりが15分くらいしか巻いていなかった。
大分疲れてきていた。林道で急に脚にダメージが来た感じ。まだ林道が続く・・・。
ふむ・・・タイベックを敷いてひとまず休憩を・・・

そこへ、林業っぽいピックアップトラックが通りかかった!

もう反射的に親指立ててたよねw

すぐに車から下りてきてくれたおじさんは『なんだ?乗せろ?ってか?』みたいな感じで、ちょっと最初は怖かったけど、快く涌井まで乗せてくれた。
この辺の山の地主でキノコ取りに行ってきた、とか言ってたな。
そこらへんで寝ようかと思ってたんですよー。と言ったら真剣に「熊がいるからやめとけ」って言われたしw

お陰様で少しだけど涌井までワープ!ヽ(・∀・)ノ

P1150337.jpg

厳密な意味でスルーハイクになってないけど、そんな事はあまり気にしない。
退屈な林道を車でワープしたからって信越トレイルの印象が変わるわけではないだろう。少なくとも悪いほうには。

むしろ、この先の涌井から毛無山までの舗装路と林道もウンザリする程長かった。

P1150340.jpg

真上は青空なのに何故か雨がふってきたり。
狐の嫁入りってやつかしら?ちょっと不思議で何度も空を見上げた。

道の横に沢山山葡萄の木があって、沢山の子供達が山葡萄を採っていた。人に会えてちょっと嬉しい。

P1150346.jpg

しかし、真面目に歩いても涌井新池手前の水場は全然でて来ないし、ここへきて漸くヤバイかな?と、思い始めた。赤池までいけるのか?と。
かなり長い林道。しかもずーーーっと上り。西日がきつい。
疲れてはいるけれどそれほどペースは落ちていないつもりだった。
断言する。信越トレイルで1番嫌な箇所だろう。(南下ルートでは)

やっと水場に着き、水を1ℓ補給。

P1150351.jpg

水場の前に座り込み一枚。こんな感じの林道の横に突然現れる水場
P1150352.jpg

涌井新池を過ぎ、すぐに毛無山の入り口に辿り着いた。
毛無山を巻いて希望湖へ行くトレイルもあったけど、もうここは行くしかない!と、毛無山山頂へ向かう。
やっぱりトレイルは歩くのが楽しい。上り45分、下り25分の行程を45分で希望湖まで下りた。
下りの最後の部分は初めての杉林。おかげで暗くて嫌な感じだったので、希望湖に着いて釣人やボート屋さんを見た時はとてもホッとした。

P1150361.jpg

さて。
まだあと少しある。

沼ノ原湿原を目指す。
大分陽も傾いてきたし、風が冷たくなってきた。

でもなんとか5時くらいにはテントサイトに着けそう?
あー。疲れた。

でもここからの1時間が長かった!

iPhoneの電源も落ちて、充電器出すのも面倒だし、黙々と歩く。
相変わらず人けはない…(こんな時間なんだから当たり前なのだが)
公式地図の拡大MAPを見ていた為、なんとなく頭の中で平坦な場所を想像しており、意外とあるアップダウンに苦戦を強いられる。

冷たい風。
人気のない湿原。
どんどん傾くおひさま。
ひーん!怖いよー!!ちょっと寒いよー!

この辺りは正直全然楽しんで歩いてない。お願い早く赤池へ・・・。そればっかり考えてた。

沼ノ原湿原のトイレに立寄り、赤池方面へ。(ここのトイレは超綺麗で一瞬ここで寝ようかと思った)

P1150365.jpg

この後も結構木の階段を上ったりして、またトレイルに入ったりといい加減げんなりした頃、やっと赤池の淵の道路に出た。
道路の安心感。

しかし右なのか左なのか、ここへきてテントサイトを示す看板がない…(涙)
この頃、物凄い勢いでガスが出てきて視界がかなり悪くなった。真っ白。
人気のない道路に濃い霧。嫌な雰囲気!

分岐のサインには赤池まで0.1kmとある。0.1kmって10メートルだよね?とかブツブツ言いながら地図とにらめっこ。ウロウロする。
詳細図のテントサイトマークは左(上)だ。
でも看板の微妙な矢印は下のような…いや、「赤池」と「テントサイト」が同じ場所か分からないしな・・・。
ここまで来て分からないなんて…あと20分もすれば陽が落ちるぞ、と悲しくなる。

いつもの「信越トレイルテントサイト」の看板がここへきてどうしてないんだ!!(;´Д`) (それは南下ルートの人のためには出されていないから)と、文句を言いながら、いよいよ暗くなりそうな中、検討してみた。
ってか、10mならすぐだろうと上がってみたけど"信越トレイルテントサイト"の看板はない。(翌朝気付いたけどもうあと5m登れば多分見えた)
やっぱり下か?戻ってみる。でも看板はない。が、湖へ下りる?風のトレイルがあったので入って行ってみる事にした。
この入り口は、大きな観光看板みたいのが横にあるんだけど、信越トレイルのことは一切標記がなかった。

やっぱり違うか?と、戻ろうとした矢先、左側にテントサイトがあった。

良かったぁぁぁあ!!!

でも、誰もいない…。
実はこの連休で「バックパッカーズナイト」というイベントがやっていて、この日は赤池だったんじゃないかな?とか勝手に期待しながら歩いていたので、この時の落胆ぷりは半端なかった。

P1150367.jpg

ガスと強風の中、なんとかテント設営。
風が強かったのでガイラインを一本補強で張った。
サイドにも念の為二本ペグダウン。吹き込む雨や風をシャットアウト!
私、対応力高くなってる!(笑)
持ってきたペグ9本を全部打って、やっとこさ中に入ると、すぐ雨が降ってきた。
危なかった…。
そして間も無く真っ暗に。
暗い中辿り着いていたら、絶対このテントサイト見つけられなかったな。と、思いながら落ち着くと、今日一日、ハイチュウ以外ほとんど口にしてない事に気が付いた。

歩いているとなかなか固形物が喉を通らないのだけど、さすがにハイチュウだけって!
と、思い急いで晩ご飯。
久しぶりにアルファ米とか食べたわー。
そして、食べてすぐまたお腹が空く。全然足りない…。

明日の行程を確認しながら、これでハセツネのゴールに余裕で間に合うな。と、地図を眺めていると、この赤池のテントサイトは水場が無い事に気がついたΣ(゚д゚lll)ガーン

道路もすぐそこだし、なんとなく人口的な物も多く、当然水はあると思ってた。
だってトイレもあるのに!!

マジか…残り2ℓ。
朝ご飯食べて、明日乗り切れるだろうか…いや、無理だろ・・・どうしよか・・・。
大分不安になりつつ、最早思考停止しているなと思い、雨の音を聴きながら20時半には寝た。

振り返れば、ソブの池でヒッチハイクが出来てなければ、完全に闇になってからの到着だったと思う。
もしくは沼の原湿原のトイレで寝てた。
おじさん、改めてありがとうございました!

≪追記≫
0.1kmは100mだよ、と多くの友人に突っ込まれ、やっと気が付きました。
よく考えればすぐ分かるけど、この時は10mだと思っていたのでした…。
あのあたりの雰囲気は本当に今思い出しても嫌。全然冷静じゃなかったってことか…。
精進します。

***********************
信越トレイルは公式に北上ルート推奨で作られているので、南下ルートを歩く人用のサインではない。
ちょいちょいもう少し前にサインがあったら!と、思うことはあったが、ここは一番困った場所だった。
多分視界が良ければ、もっと元気だったら、冷静に地図を読めていれば、簡単に気がつく事が出来るのだろう。
確かに北上する人は通らない場所だしね・・・w
と、いうか全体を通して斑尾エリアだけは急に地図を見る回数が増えた=つまり分かり難い箇所が増えた。
これは、このエリアが信越トレイルの中ではとてもポピュラーなエリアで、トレイルや分岐がとても多いからなんだけど、
過ぎてから戻る。とか、あれ?と頭を悩ませる事は何度かあった。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/142-a7b42ba1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。