Posted by sablet

Posted by sablet
  4 comments
  0 trackback

信越トレイル スルーハイク DAY4 赤池テントサイト~斑尾

DAY4

2013年10月13日(SUN)

赤池テントサイト(6:45発)-袴岳(8:15着)(8:25発)-万坂峠(9:00)-斑尾山頂!(10:30着)(10:50発)-斑尾高原ホテル(11:50着)
行動時間5時間5分(斑尾山頂まで約8.5km) ※コースタイム:5時間20分


夜はやっとこの季節らしく、そこそこ冷え込んだ。
感覚的には5〜6度かしら?
5時の目覚ましで目覚めるも、シュラフから出るのがとても辛い。外は真っ暗だ。

赤池は目の前でしたw
P1150371.jpg

とりあえずお湯を沸かし、テント内が暖まるのを待ちつつ、その他準備。
トイレまでいってみると、"飲めません!"ってさ…

P1150370.jpg

P1150372.jpg

東京の水道水だって飲めるのに、飲めないとはどういう理由なのかサッパリ分からないけど、とりあえず給水して、セイシェルを通してから煮沸して予備に持つ事にした。
ガスもあまり気味だったし5分間くらいボコボコ沸かした。

雨と結露でテントはびしょ濡れ。
これを持つのはなかなか泣ける…。

朝までピン!大分張るのも上手くなった。
P1150374.jpg

準備に手間取り6:45頃出発w
信越トレイルの本線はどこなのか…。
少しウロウロした。

昨日は君を随分探したよ・・・(´A`。)
P1150373.jpg

空は最終日に相応しいやっと朝からいいお天気!
キリっとした空気に目も覚める。

まずは袴岳へ向かう。
朝日の中をハイク。

P1150380.jpg

この辺の事あんまり覚えてないな?なんでだろ?と、思い返してみたらiPhoneばかり見ててあんまり周りを見てなかったわ・・・。
思いっきり道を間違えて戻ったりもしたw
つまり、斑尾エリアはSBでも電波が入ります。

袴岳に上がると、目の前に妙高山が。
おお!

P1150394.jpg

ここまで目の前だったかぁ。と、去年秋に歩いた妙高山を眺め、大好きなゲレンデ妙高杉ノ原のコースもよく分かるなぁ、あの辺か。と、しばし見ながら休憩。

山頂を出て少しした頃、前週に登った戸隠も見えた。

沼ノ原湿原までは走るように下りて、万坂峠に着くと、一旦道路を横断。そして、目の前に見える斜面とゲレンデの登り口にしばし呆然。
え?ゲレンデ歩くなんて書いてたっけ?と、地図を見返すもそんな表記はなく、トレイルと書いてある。
斑尾高原スキー場の斜面は、夏季は"〜トレイル"と名前を変えるらしい。
ふむ。なるほどね…。

ゲレンデをとにかくひたすら登る。
日差しがキツくてなかなかペースが上がらない。足を動かしても動かしても変わりばえのない景色。
森の中を歩くのはそこそこペースも出るけど、ゲレンデとなるととにかく辛くて…途端にペースダウン。
信越トレイル二番目の嫌な箇所でしたw ゲレンデ嫌い!!(´・Д・)」

P1150402.jpg

やっと一つの斜面を登ったなと思ったら今度は上級斜面をジグザグと。
またもや相当悪態ついてたよねw

斑尾の街を見下ろす。
P1150403.jpg

やっと登山道になると斑尾山まではあと1km。
おお。いよいよか!と、嬉しくなり、また落ちていたペースも上がる。やっぱり森の中は気持ちがいい。
日帰りハイクしている人達が沢山いて、何度か抜かせて貰いながら先へ。

そして遂に斑尾山山頂に到着。

良かったー。
無事歩けた!

地味な頂上だけど、やっぱり踏めて嬉しい。
歩いて来た三冊の地図とBP、ストックを記念撮影。

P1150409.jpg

そして13時のバスに間に合うな!→ハセツネのゴールに間に合うな!と思い、また満足。
後は下りるのみ。
覚悟はしていたけどやっぱり下りもゲレンデで、日帰りハイクで登る人を横目に"ゲレンデ往復の山登りなんて何が楽しいんだろ?"(余計なお世話)と、思いながらたったか小走りで下った。

P1150416.jpg


頭の中はお風呂とコーラとビールとご飯と…欲望でいっぱい。

下りた所にあった自販機で買ったコーラを一気飲み!

この後は斑尾高原ホテルで12時からの日帰り入浴に5分前にいれてもらい、レストランでカレー&ビール。

P1150418.jpg

飯山駅の電車にも無事間に合い、夜はチームのみんなが出ているハセツネの応援に無事駆けつけたのでした。さすがに疲れたけど・・・

*************************

初めて1人で3泊もした信越トレイル。
思い入れのある戸狩や飯山の町を見ながら、素晴らしいブナの森を歩き、人との出会いも素敵だった。
数年前の私では不安過ぎて1人で4日も5日も歩くなんて絶対に無理だった。
自分のハイカーとしての成長も沢山感じる事の出来たハイク。
そしてまた沢山貴重な経験をして、自信にも繋がった。

やっぱり私は歩くのが好きだ。

信越トレイル!

ありがとう。

これからも沢山の人が歩き、素敵な経験をするんだろうな。と思うと、信越トレイルを作り上げてきた人達に改めて感謝したい。
そして来年はトレイルメンテナンスに参加してみたいなと思った。
普段何気なく歩いているトレイルも整備してくれている人がいる。それは地元の山岳会の人だったり、ボランティアの人だったり。
わかってはいたし、知ってもいたけれど、改めて考えるいい機会でもあった。

このトレイルはアップダウンも少ないし、要所要所で道路と交差するので、トレランにとても良いのでは、と思った。ランナーにもオススメしたいな。
走ったら絶対気持ちいいはず!

ちなみに今回は一度も転ばなかったゼ!d(´∀`o)☆゚

スポンサーサイト

Comment

asaasa32 says... ""
はぁ~濃密な4日間ですね!
なんだか一緒に歩いた気分になっちゃいました。
テントサイトが見つからないエピソードは読んでいて一緒にハラハラドキドキしてしまいましたよ~。しかも最後にゲレンデって、なかなか手強いトレイルですね(笑)

1人で縦走・・・憧れます(´∀`)

無事に下山、お疲れ様でした!!
2013.10.30 20:54 | URL | - [edit]
sablet says... "Re: タイトルなし"
>asaasa32 さん

お久しぶりです!コメントありがとうございました(*´I`)ノ
私もasaasa32 さんのブログ読ませてもらわなきゃ・・・全然最近時間がなくて、行った山の半分も書けてないです・・・w

是非、1人縦走してみてください~!
寂しいかな?と、思ったら全然寂しくなかったです。独り言は増えますけど(笑)
2013.10.31 15:09 | URL | - [edit]
ustim says... ""
お疲れ様。
歩くのももちろんだけど、内容が濃いとblog書くのも大変そうだね。
2013.11.02 09:48 | URL | h68v8uHw [edit]
sablet says... "Re: タイトルなし"
> ustimさん
一人だったから毎晩テキストだけはiPhoneでほとんど書いちゃってたんだよね。
だからそんなに大変じゃなかったー(*´I`)ノ
2013.11.06 12:31 | URL | - [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/143-8a30a2fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。