Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

3月の木曽御嶽山

先日の3連休。木曽御嶽山に行ってきた。
月山や西穂高も考えたけど、出来るだけお天気が良さそうな場所をチョイス。
結果として大成功だった。

2014年3月22日(土)
山頂駅(9:00発)-田の原山荘(09:05)-八合目石室避難小屋(10:10)-九合目石室避難小屋(11:40)-王滝頂上(12:05)-剣ヶ峰(12:50着)(13:15発)-山頂駅(15:30着)
行動時間:6時間半

*****************

さて。
1日目は移動のみ。
行きたかった神名備@田端でラーメンを食べてから出発!
夜ごはんは伊那名物のローメンを食べ、道の駅「三岳」でテントを張って寝た。
夜中はすごい音で風が吹いていて、翌日強風だったらどーしよー!!とビビりながら眠る。

IMG_7943.jpg


2日目。
ロープウェイの始発8:45に合わせて移動。
完璧なお天気!その上、風もピタリと止んでいた。
御嶽は独立峰なので強風を心配していたのだけど、ほとんど無風という好条件。
また、数日前のヤマレコでガッチガチのアイスバーンでアイゼンがきかない…というようなレポートを読んだので、かなりドキドキしていたのだけど、アイゼンはしっかりきき、特に危険個所はなかったように思う。
但し前爪のあるアイゼンはないと辛いかなー。

さて。
山頂駅からは少しだけゲレンデを下り、登山口へ向かう。
鳥居でお祈り。

IMG_7972.jpg

御嶽山は山岳信仰の山として古くから崇められてきた。
なので、いたるところにある鳥居やら仏様にとにかく無事の下山を祈りながら山頂を目指す。
山岳信仰や修験道のことについて勉強したいなと思っていたけど、またしてもその思いは強まった。
地域や山によって違うところも多く一冊にまとまった本はないというところにハードルを感じていたけど、とりあえずおすすめして貰った本でも読んでみようかな。御嶽教の事でもいいし・・・。

IMG_7977.jpg

暫くすると森林限界に。ここまではつぼ足でも大丈夫。雪はしっかりしまっていて固かった。
猪?に乗った神様が祀られているところでピッケルに持ち替える。
埋まるお地蔵さん。

IMG_7999.jpg

久しぶりのピッケル。握る手に力が入りすぎて帰ったら血豆出来てた・・・

空は驚くほど青くてまぶしい。
振り返ると中央アルプスがくっきり見えた。

IMG_8030.jpg

とても気持のいいお天気。
風がなくて暑いくらいだった。

8合目から9合目あたりは急に斜度が増す。
キックステップばかりしているとふくらはぎはパンパンになるし、ガニ股にしてフラットフットで歩くとアキレス腱が伸びる、伸びる・・・
座ってちょっと休憩とはいかない斜度。ちょっとでも滑らせたらすぐにピッケルで止まらないと数十メートルは落ちそうな斜面が続く。
このあたりはすごく真剣に歩いた。
アイゼンをひっかけないように。一歩、一歩確実に踏んでいく。ピッケルを斜面に合わせマメに持ち替えて。転んだらすぐピッケルを打ち込む、止める、ブツブツ言いながら・・・ぜぇぜぇ・・・。あぁ・・・座って休みたい・・・。ここはしんどかった!

IMG_8009.jpg

IMG_8025.jpg

2度ほど急斜面を越え、王滝頂上の御嶽神社(奥社)に到着。
IMG_7954.jpg

IMG_7956.jpg

IMG_7953.jpg

凍り付いていて、狛犬も寒そうです。

IMG_8047.jpg

浅間山は活火山。噴煙が見えた。

IMG_8055.jpg

一旦少し降りて今度は海老のしっぽをツンツンしながら剣ヶ峰に向かう。

IMG_8052.jpg

間のひろーい場所にはネジネジやら仏像が。
このネジネジって何なんだろう?神様と繋がってるの?(想像)
この辺りは滑落の心配もないし、楽しく歩けたなーヽ(´∀`*)ノ

IMG_8060.jpg

IMG_8075.jpg

もう一つの黒沢口の奥社には鐘もあった。

IMG_8082.jpg

ここでとっても綺麗な氷の造形を見てまた感動。

IMG_8099.jpg

のびのび歩くのもいいけど、たまにはこうして怖れを抱きながら真剣に歩く事は自分を成長させる。
一歩一歩、斜面や雪の状況を見ながら足の置き方を確認したり。
自分の体の動かし方や姿勢を意識し、アドバイスを貰ったり。
ここでもし足が滑ったら、こうして、こうして・・・と考えながら歩く。
周りの人の様子もいつもよりはよく見ていた。前の人の動きを見て危なっかしかったら少しルートを避けてみたり、間を空けてみたり。ピッケル持っている人。まさかのストックで歩いている人!下りをスイスイ降りるベテラン風のおじさんの足の動かし方と絶妙なバランスに見惚れたり。
たまにピューっと吹く風の向きはどっちらからだな、とか。
雪山のレベルとしては初級レベルかもしれないけど、私にとっては普段歩く山よりは格段に危険度の高い山。
改めて山の怖さ、そして魅力を思い出す登山にもなった。
でも、緊張して疲れたから1~2年に1回でいいや! (よって、全然成長しないんだけど)

IMG_8097.jpg

帰り道はねじねじから雪が落ちていた。
IMG_8122.jpg

さて、下山。
のぼりよりも気を遣う。
遥か下が見える斜面って怖いよね。
登っていた時よりも雪が緩んでいて、足がずるっと少し動くのでこれがまた怖い。
怖くてトラバースし過ぎて足が攣りそうになりました。

IMG_8129.jpg

IMG_8139.jpg

無事樹林帯まで降りたら、山の神様にお礼を。

最後まで富士山が見えるほどの素晴らしいお天気で、とっても楽しい一日だった。
充実感で満ち足りた気分の帰り道。

青い塔でソースかつ丼を食べ、中央アルプスを望みながら温泉に入り、帰った。
満足。

写真

今回もありがとうございました!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/149-f0aaf94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。