Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

雁坂峠敗退記

あー。
山の中でシュラフに包まって寝たいなぁ・・・。
そんなことを呟いたら、sanpoさんが賛同してくれ、あれよあれよと6人が集まりお山に向かった。

CT短めなコースをさくっと上がり、テントの中でだらだらしたい。ついでに雪も少し踏みたい!

そんなゆるふわ企画だったのだけど・・

*******************
2014年12月20日(土)
西沢渓谷 道の駅みとみ(11:15発)・・・


行き先は雁坂小屋に決めた。翌日は水晶山、古礼山を越えて雁峠から車まで戻るコース。
日曜日は快晴予報。稜線から雪を踏みながら富士山を眺められるかな?と、期待する。

気がかりな雪の状況は、前週末の雁坂小屋BLOGの情報ではそれほど雪はなさそうでアイゼンもいらないほどとある。
とはいえ、このBLOGの後の水~木あたりは完璧な冬型の気圧配置で全国各地に大雪情報が出ていた。
この影響がどのくらいあっただろう?と、少し調べたが有益な情報は得られず・・・足まわりやペグなどに頭を悩ませながら準備するのも楽しい。
ゆるふわと信じてのんびり西沢渓谷へ向かった。

予定よりちょっと遅れて道の駅 みとみに到着。駐車場(標高1,110m)で積雪は12~13cmくらい?だった・・。

P1190053.jpg

土曜は午後から雪予報。なるべく早くテン場に着きたい。
どんより空の下、出発。まずはCT:1時間の林道を上がる。
降雪後、誰も通った気配はなく、動物の足跡だけが交錯する林道。15~20cmくらいある積雪の上りが地味に辛い。

P1190063.jpg
私のHMGは水込みで約10kg

IMG_4176.jpg

その上、この間で5回くらい休憩をして約2時間かかって登山口に着いた。
ここで既に想定到着時間は修正され、16時くらい?と、話し始める。

P1190067.jpg

いよいよ森の中へ。
しばらくは斜面をトラバースする細いトレイルを。
積雪量も降雪もどんどん増してきたけど、このあたりはまだトレイルが明確だったのでよかった。

IMG_4175.jpg

一度大きく沢を越えた後は地形が変わり、トレイルがどこだかほとんど分からなくなった。
テープを頼りに、地図を見ながら軌道修正を繰り返すのでかなり時間がかかる。
降雪は強くなり、ばさばさと降る雪。トレイルにちゃんとのれていないし、まだ締まっていない滑る雪で体力を結構使った。
段々バテてくる人あり。

P1190075.jpg
何度か渡渉あり

P1190077.jpg

それでも、そろそろ雁坂峠直前の九十九折の急登だ!というところまで到着。
井戸沢と石に書いてある場所が難所だった。
吹きだまった雪が腰くらいまであり、足が埋まって、それなりの斜度と高度のある上の棚にどう頑張っても乗れない。
多分たいしたことのない場所なのだけど、雪でどうなってるのか分からず、下が沢だったこともあってみんなで苦戦した。
恐らく20分くらいかかってなんとか全員が一段高い棚の上に立てたわけだけど、その先は当然かなりの斜度がある斜面と見えないトレイル。
体力の消耗、時間の経過・・・いろんなことを考える。すでに15時半くらいだったんじゃないかな。
そこで井上さんが言ったひとこと。「誰かこの先進める人?俺はここは通過するのちょっと怖いな」

はい。
戻りましょう。
井上さん、言ってくれてありがとう。

満場一致で撤退が決まり、引き返すことに決定。

自分たちの歩いてきたトレースも、降り続く雪がうっすら消し始めている。
サクサクと滑り下りるように戻っていたら段々日が暮れてきた。

登山口より少し下った林道の脇に駐車場みたいな大きなフラットなスペースがあったはず!と、そこを目指してひたすら下った。

登山口まで戻ったのは17時半くらいだったかな・・。
もうかなり暗かった。

そして雪が雨に変わる・・・。

テントが張れそうなスペースに到達した時には、土砂降り。
冬の雨ってほんと笑えない。

20cmくらいの積雪の下は地面、そのうえ土砂降りと闇。難易度高め・・。
もうね、自分のテントをとにかく立てないと!!って、全員が物凄い勢いで作業してた。
かつてないスピードで設営を完了し、とりあえずうたちゃんが張れてる事は確認して、あとのみんなは心配ない!とさっさとテントに潜り込んだ(酷い)

整地もちゃんとできてないから、フロアがぼこぼこだけど仕方ない。
マットを膨らまして、濡れてるから袖とかに手が通らなくてムキー!!ってなったりしながら着替えて、びしょぬれの手袋とかシェルは片隅に追いやって・・・
ガスつけようと思ったらイグナイターの部分がおかしくて点火しないし、ライターでつけようと思ったらライターがなかなかつかなくて100回くらいシュッシュしてやっとラーメンにありつけた時のあの幸福感ったら!

気が着けばテントの中も荷物とか自分に付いた雪で小さな水溜り多数。
冬はフロアレスのほうが断然快適だなーと改めて思った。
テントチョイス失敗。

ご飯も食べ終わってやることもなく・・・。
幕を叩く雨の音がうるさすぎてうたちゃんとの会話もままならず・・・。
暫くiPhoneで本を読んでいたけれど、暇すぎて19:30ころには寝た。

0時頃、フト目が覚めトイレに行こうと外に出てみると・・・。
ここまで綺麗な星空は久しぶりだなと思うほどの満点の星空。
雨が降って空気が綺麗だったのかな。
暫く眺めていると井上さんが起きていることに気が付き、お邪魔する。
なんとテントの中で炭火が!!! ものすごく暖かい・・・。何このヘブン・・・。
そんなこんな話しているうちに他の人も起きてきて・・・。深夜のプチ宴会を始めた。

IMG_4143.jpg
SOLA TITANIUM GEAR のスーパーネイチャーストーブで。

持ってきたお酒もやっと消費。
お肉焼いたり、バケット焼いてレバーペースト乗せたり。
キャンプっぽくて楽しかった。

IMG_4144.jpg
最近お気に入りのラムコーヒー

2時間くらい楽しんだ後、各自またテントへ。

朝は予報通りのとてもよいお天気。

P1190084.jpg

特に急ぐ必要もないので装備を乾かしたり、朝ごはんをのんびり食べたり。
モリオさんの作ったホワイトシチューにたかってみたり。

IMG_4179.jpg
よく昨日ずぶぬれの中こんなもの作ったよね

濡れたまま放置したものはカチンコチン。

P1190095.jpg

-8度まで冷えたらしい。

P1190087.jpg

P1190106.jpg
朝ごはんは初投入の焼き玄米。

P1190096.jpg
我が家。焦って張った割にはちゃんと張れてる。

お日様でいろいろ乾かして、みんなでまたテロテロと林道を下って帰った。

P1190110.jpg

今回の反省点。
雪の状況を事前に把握できなかったのは仕方ない。でも、積雪量を把握してないからこそもっと時間にゆとりを持つべきだったと思う。
あとは完全に休憩しすぎでした・・・。
でも思いがけずたっぷりの雪。トレースの無い中、トレイルを探して歩くのは楽しかった!

今度こそは稜線のって景色が見たい。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/167-b45091a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。