Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

ゴールデンウィーク トリップ! 2座目:剣山~三嶺縦走

さて2座目は、長野からナオくん、岡山からたっちゃん、東京からエマちゃんの4人で剣山〜三嶺の縦走へ!

2015年5月2日
剣山リフト西島(山頂)駅(9:25発)-山頂神社(9:55着)(10:20発)-剣山山頂(10:35)-丸石(12:15)-丸石避難小屋(12:35着)(13:05発)-白髪避難小屋(15:25着)-水場-(16:05発)-三嶺山頂(17:45)-三嶺ヒュッテ(18:05着)
コースタイム:7時間30分 行動時間:8時間40分

2015年5月3日
三嶺ヒュッテ(7:35発)-名頃登山口(9:30着)
コースタイム:2時間5分 行動時間:1時間55分

*************************************************

高松で集合してとりあえず(?)飲んでから、徳島方面へ移動し無料のキャンプ場で一泊した。
大きな幕でみんなで雑魚寝も楽しかったな。

PHOTO BY TATSULOW
TATSULOW11.jpg

朝はみんなテキパキと準備して、奇跡的にほぼ予定通りの時間で出発。
剣山までのドライブはなかなかの山道だった。
酔いやすい人は対策必須です。

ロープウェイの駐車場に着くと、もう結構な車の数。四国と言えど流石のゴールデンウィーク!殆どは剣山のデイハイクなんだと思う。

駐車場からはこの日泊まる予定の三嶺が見えた。

奥のとんがりが三嶺・・ PHOTO BY TATSULOW
TATSULOW2.jpg

この上なくいいお天気故に見通せる目的地。
目視出来る三嶺のピークは”ホントにあそこまで?”と、疑いたくなるほど”遠くの山”だった。
正確な距離が調べても分からなかったのだけど、約20km前後の模様。

さて。
まずはリフトに乗ってヒョイと上へ。
山頂駅から剣山への山頂まではずっと登り道。

IMG_6735.jpg

程よく汗かいて着いた山頂の小屋ではビールが売っていて…そりゃー飲んじゃうよね!ってコトになり序盤からだいぶノンビリしてしまった…。これから先は長いのに。

IMG_6739.jpg

IMG_6740.jpg

IMG_6758.jpg

山頂を過ぎると目の前にはどーん!と次郎笈(じろうぎゅう)。

IMG_6775.jpg

そしてこれから歩く稜線が先まで見えた。
なんてワクワクするんだろう!
この景色を見た時の興奮は忘れられない。

エマちゃんの楽しそうな後ろ姿 PHOTO BY NAO
NAO1.jpg

次郎笈につくトラバース道が最高にいい。
こういう横に横に進めるトレイルが大好物だよ。楽しい。
スキップしそうな勢いで歩く。

IMG_6819.jpg

そしてここからの細かなアップダウンはそりゃーもう天国で。

IMG_6824.jpg

青空。
IMG_6828.jpg

丸石を過ぎると一旦少し林の中を歩く。
なんだか歩くの楽しくなって一人でずんずん歩いていたら、ドベーっ!!と転んだことをブログ書いていて思い出しましたがこのあたりも物凄いフラット。
自分のポールに足をひっかけたのでした。誰にも見られてなくてよかった。

丸石避難小屋の少し先で休憩。
この時点で三嶺まであと12.4km!
やっぱりなかなかのロングコース。

PHOTO BY NAO
NAO2.jpg

この後、またまた素敵な笹の草原に。
笹の原っぱに遠くまでつくトレイル。

IMG_6884.jpg

IMG_6891.jpg

このあたり。みんなニッコニコだった。
気持ちよくなってまたビールをみんなでシェアしたり。

白髪避難小屋の水場では3人が汲みに行ってくれたので私はお留守番。
もうじっとしていると寒くて仕方ないほどに冷えてきた。
縦走する人の大半はここでテントみたいだけど、三嶺で寝たい!ここでストップは嫌だよね!!
・・・と、再スタート。


段々お日様が夕方の顔をしてくる。
風もでてきた。

IMG_6907.jpg

近づく三嶺。
草紅葉してるみたいに見える。
なんだか綺麗。

PHOTO BY EMMA
EMMA1.jpg

三嶺までの急登はなかなかのものだった。
カッコいい稜線。鎖場もあって。
この日一番の急登をストックしまって、心拍あげて、ゲボでそうになりながら登ると・・・。

ひゃー!!!

IMG_6933.jpg

この山こそ百名山にしてもよいのでは!?深田久弥さん!
なんだか佐渡のドンデン避難小屋付近を思い出した。

IMG_6948.jpg

PHOTO BY EMMA
EMMA2.jpg

日没前に無事到着です。

PHOTO BY EMMA
11130348_643001702466751_6719395383677568577_o.jpg

みんなでテントを張って、寒いけど少しだけ一緒にご飯を食べながらお酒を飲んだ。

IMG_6750.jpg

そして・・・。
騒がしい夜に・・・。

とにかくね、風が凄かったのです。
私はルナソロの背面部分を風上に向けて張ってしまったので・・・、、、
1-2時間寝たところで風の音で目が覚める。
幕がしなりすぎて顔の目の前まで幕が迫ってくる。
ルナソロは構造上下からテント内部にも風が入るので、バタバタとそれはもう騒がしいし。
不安なのでペグを確認しにいくと、ペグはしっかり効いていた。
1本のトレッキングポールで立っているので、もう1本を補強に入れる。

でも一度目が覚めると、とんでもない騒音で、全く眠れなくなった。
そのうち風が巻き始めて、目を閉じていても風圧でテントが揺れているように感じた。地震かと思うほど。
1時間ほどしても風は強くなる一方なので、ザックに荷物を全部詰め込み、幕を倒して寝てみる。
でも、ばたつきの音はむしろうるさくなるだけでとてもじゃないけど、眠れる体制にはなれなかった。
あーBIVY持っていれば幕撤収して寝れたかなー、でも気温が結構低くてそれはそれで寒くて眠れないかなー、みんな大丈夫かなー、ってかこれはもう畳んでお隣のテントに入れてもらうしかないかなー、でもなー、起こしちゃうのも悪いしなー、とか悶々と悩み続け、もう一度外に出てみるとえまちゃんのペグが1本抜けていた。
直して声をかけるもどうやら寝ている模様。
風が強すぎて体温がみるみる奪われる。寒い。

暫く悩んでこれ以上ルナソロを張り続けるのは無理と判断しお隣のテントに声をかけて入れてもらう事に。夜中に撤収開始!
後で確認したらペグダウンするループが3箇所切れてました。多分撤収の時。風で弱くなっていたのかもしれない。

そして、LOCUS GEARのKhufuに入って正直驚いた---。
ルナソロに比べると、バタつきはほとんどなく、すごく静か!!
なにこの違い!Khufuの耐風性すごい。

この後明け方にかけて更に風は強くなり、さすがのKhufuも入り口のジッパーが開いてきたり、Aフレームのポールがぐねんぐねんしなって心配になったりと大荒れ模様。
富士山以来の強風体験でした。久しぶりの眠れぬ一夜。
色々な山やアクセスなど調べることが多すぎて三嶺のテン場のことをちゃんと調べてなかったのもいけなかった。
あんなに稜線だと知っていたらルナソロは持っていかなかったかも・・・。
振り返ってみればいい経験。色々反省も多い夜でした。

翌朝も引き続き強風。

四国 三嶺の朝 from sablet on Vimeo.



風でテントが地面にひっついている・・・
IMG_6966.jpg

サクサク撤収し、稜線から下りるとパタリと風もなくなった。
時には走ったりしながらみんなで楽しく名頃へサクサクと下山し、バスで駐車場へ。

IMG_6976.jpg

夜は高松に戻り、この旅唯一の宿に宿泊。ゲストハウス ちょっとこま にお世話になりました。
高松グルメも楽しめたし、いい夜だったな。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/175-86ab8978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。