Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

雪の四阿山(あずまやさん)

今年は雪がどこも少ない。
でもどうにかして雪を踏みたい。
青空を見たい。
と、2人でウンウン考えた挙句に決めた四阿山。
2016年1月10日~11日の記録。
****************
東京から公共交通機関でアクセス出来る雪山。
四阿山は少しノンビリ1泊2日で行くにはちょうどいい山だった。日帰りだとまぁまぁタイト。
(もう少し雪が積もったら自家用車でアクセスしないと時間的に日帰りは厳しいかも)
まずは新幹線で上田駅へ。
駅のコインロッカーにお風呂道具と着替えを詰め込み、8:15発の菅平高原行きのバスに乗車。
9:10着でダボスで下りる。
暫くは明治大学の敷地内、林道を歩く。
ゆるーい薄っすらと雪の乗った上りを小一時間ほど。
奥に見えていた山が四阿山かと2人でワクワクしていたら、見えていたのはお隣の根子岳だったと後で分かる。
R0193108.jpg
突き当たりの管理事務所で登山届を提出し、少し右手に歩いて行くと登山口。
いよいよトレイルへ。
R0193123.jpg
暫くは牧場?の脇を沿うように進み、樹林帯へ。
沢まで1度下りて簡単な渡渉をすると、あとはひたすら登る。
お隣の根子岳は雪がなくて緑と白のコントラストが綺麗。
R0193140.jpg
幕営装備を詰め込んだ冬装備一式が重くて重くてなかなか足が進まない。
笹が両脇に茂るトレイルをゆるーく長く登る。
振り返ると山の斜面に沢山のゲレンデが見える。
R0193129.jpg
樹々が低くなってくるとピークらしきものが見えた。
いや、でも地図を見るとあれはピークじゃなくて中四阿山だね…。
やっぱり結構長い。
右のピークが四阿山 PHOTO:EMMA
EMMAIMG_1548.jpg
一緒に歩いて友達が、私が弱音を言っていると”本当にキツかったら中四阿超えて、戻ってきてもいいからね。”と言う。
ピークまで行きたいハズなのにそんな事言わせちゃって申し訳ない…!と、思いとにかく頑張るぞと決める。
いやー、でも真剣にピーク踏めないかと思ってしまう程キツかった。
R0193144.jpg
中四阿山を超え、荷物はここでデポる事にした。防寒着と行動食、飲み物だけを持ってあと少し。
ギュッと上がれば後は最高のビクトリーロードが待ってた!
足取りも軽くなりスイスイ。
浅間山が綺麗に見えた。手前の黒斑山は雪が殆どなかった。
富士山も見える。
R0193158.jpg
登ってきてよかった。
寒いのでありがとうを言ったら即下山!
去年のこの時期はこれはほぼ埋まってたという・・・
FullSizeRender.jpg
山頂から根子岳
R0193163.jpg
いいお山でした!
すたこら下る。この辺りスノーモンスターが綺麗なんだって。どこー?
R0193157.jpg
この時間から下まで下りるのはかなりタイトなので中腹で雪上テント泊。
R0193218.jpg
美味しいもつ鍋食べてホットワイン飲んでホクホク眠った。
R0193237.jpg
星も綺麗だったなー。
-15度くらいまでは落ちたみたいだけど、いつものアンテロープでぬくぬくと。
夜は少し風が出てきたけどそれほどでもなく穏やかにお目覚め。
テントから外を見ると樹々が白くなっていて、前日とはガラリと変わってた。
粉雪が降ったのかな?
青空に映えてとても綺麗!
IMG_1678.jpg
下山は2人で持参したヒップそりでビュンビュン下る。ゆるゆると延々と続いた上りは尻セードに最適なトレイルだった。
IMG_1686.jpg
林道に出た後も道路をビュンビュンと。
オシリイタクナリマシタ
R0193276.jpg
いいお山でした。
夏になったら根子岳も併せて縦走してみたいな。
エマちゃんいつもありがとう。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/181-d4b605f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。