Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

北ア縦走 Day:2 (室堂~五色ヶ原~薬師岳~雲ノ平~高天原~水晶岳~裏銀座)


Day2:
8/11: 五色ヶ原山荘-越中沢岳-スゴ乗越小屋--薬師岳-薬師峠キャンプ場テント泊 (コースタイム 11:30)行動時間:10時間半

頑張って3:45頃テン場を出発。まずは小屋まで登り返し。
小屋でトイレに行ったり歯を磨いたりして、友人に別れを告げ、結局出発は4時過ぎ。温度は10度。お天気はとても良さそう。

薄暗い時間歩くなんていつ以来だっただろう?
どれだけ宴会ハイクに興じてきたのか…。
これから歩く長い道のりとワクワクと歩けるかな?という不安に少し興奮していたかもしれない。

IMG_8690.jpg

藍色の空に五色ヶ原山荘の明かりが綺麗だった。
朝の山の空気って忘れてたけどとてもいい。
もう少し今後はちゃんと起きようと心に決める。

鳶山を超えるとこれから歩く薬師岳までが一望出来た。

槍と笠を確認
IMG_8695.jpg

薬師岳の手前はこちらからちゃんと見えないけど、結構下るように見える。ちょっと不安に。

越中沢岳あたりで振り返ってパチリ。(だったと思う。
IMG_8697.jpg

越中沢岳には6:00過ぎに到着。CT2:50のところ、2:00くらいできているからなかなかのペース。
スゴの頭を登って降りて…とにかく歩く事を楽しんでいて前に前にの想いが強くてあんまり写真はなかった。
スゴ乗越でも少し休憩し、スゴ乗越小屋へ。

ドーン!と下りて、また登り返す北薬師岳への中腹にスゴ乗越小屋が見える。ぎょえー
IMG_8701.jpg

お昼をここで食べようと思っていたのだけど、9:00前には着いてしまい、カレー1食なら作ってくれると言う。
是非!と、お願いし小屋の前で大休憩。

タルチョが可愛い。
IMG_8706.jpg

IMG_8705.jpg

このカレー、とても本格的ですごく美味しかった。
あと、付け合せのオレンジが甘くて瑞々しくて記憶に残る味でした。
ここまででCTは6:10。4:30くらいで到着したので休憩をたっぷり取っても予定通りに歩けそう。
良かった。ヤル気出せばちゃんと歩ける!
半分進んだ安堵もあり、随分長く休憩してしまったかも。

間山の手前ではまた雷鳥の親子に会った。
ここまでで振り返っても会った人は数人。若者は全然居なかった。
静かでいいコース。

IMG_8714.jpg

そしてここから北薬師岳までの登りがキツかった!延々と長く続く登りにただただ脚を動かす。
薬師ゾーンは砂礫の足元で緑もお花も無く精神的に辛い個所だった。足も滑るし。
気がつくと雑になった脚サバキのお陰で擦り傷がいくつか。

辛かった上りを振り返って。
IMG_8723.jpg

こういう岩たちはどうやって出来たのかなぁ。いつも不思議になる。
IMG_2472.jpg

抜いた訳じゃないのに、どこからかフッとご一緒になった外国人夫妻と同時に北薬師岳の山頂に到着。あの辺分岐あったかな??追いつかれたのかしら??

続いて薬師岳へ。

また振り返ります。
IMG_8729.jpg

カールを眺めながら引き続き白い砂礫の稜線を。

IMG_8733.jpg

薬師岳まで来ると急激に人が増えた。
折立から上がり百名山の薬師岳をピストンしている人達だ。
初めての山の日。快晴!万歳!!

IMG_8739.jpg

さて、この感じ・・・テン場の混雑が気になる。
薬師岳小屋まで下りて、コーラを買いテン場へ急ぐ。

この道は2年前にも通っているのでなんと無く記憶にはあったけれどそれにしたって最後の最後で長い。
薬師沢の源流沿いに大きな段差をドンドン下りて、いい加減足も限界で、早く、早く、、着かないかな、、、疲れたって言わないようにしていたけどもう無理疲れたよぉぉと、泣き言言いながらやっとこさテン場に到着すると、それはもう見た事のないくらいのテントの数でパッと見、張れそうな場所なんてとんでも無く斜めなところしかなかった。
これは寝たら完全に転がる斜度。。

疲れた身体に鞭を打って炎天下の中ウロウロとテン場内で少しでも良いスペースを探す。
そんなゾンビさんがイッパイいた。辛い・・・。
早く休みたくてこれがこの日一番の苦行。
良い方がご自分の隣を空けてスペースを作って下さりやっと安住の地を見つけた。
この後、周りの方のガイラインとの交錯に更に苦戦し、随分時間がかかってやっと腰を落ち着けた。

こんなテン場は初めてです。もう北アは当分いいやって思う。
薬師峠

いやーーーー。
長かった!
コースタイム11:30の道のりを沢山の休憩を含めても巻いて歩いてこれた。
サクサク自分達に無理のないスピードで歩き、休憩は心置き無く取る。
このスタイルで翌日以降もいけそうだな、と算段がつきホッとした1日。

テントの受付をして、ビールを買って。
あれだけの人がいてもうるさかった記憶は無く、泥のように眠った。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/190-dfab05a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。