Posted by sablet

Posted by sablet
  0 comments
  0 trackback

北ア縦走 Day:4 (室堂~五色ヶ原~薬師岳~雲ノ平~高天原~水晶岳~裏銀座)

Day4:
8/13: 高天原山荘-ワリモ北分岐-水晶小屋-水晶岳-水晶小屋-野口五郎岳-烏帽子小屋テント泊 (コースタイム:10:30) 行動時間:10時間半

この日もなかなかのロングコース。
小屋の前で朝ごはんに作ってもらったお弁当を食べて出発。写真撮るの忘れちゃったな…。

途中水晶池の分岐に荷物を置いて立ち寄ると、思いがけずなかなかの大きさで森の中にひっそりと水をたたえる姿は見ものだった。

DAY4IMG_8849.jpg

朝もやが綺麗。
当たり前なんだけど、人間が観に来なくてもこうして美しくひっそり森の中に池があって、きっとここには沢山の動物が水を求めてやってくるのかなと思うと、なんだか覗き見しに来た気分になった。
シシ神様が出てきそうでした。

この日もお天気はとても良さそうで、見上げる稜線の上はクッキリとした青空。
草地のルートを進む。
小さな沢と並行していて気を付けないと足元はびしょ濡れ。

俊くん撮影IMG_2607

この辺りも殆ど人は居なかった。

DAY4IMG_8858.jpg

足元のお花が綺麗で涼しくて楽しいルートだったな
DAY4IMG_8860.jpg

稜線に出ると途端に人がグッと増えた。
ワリモ北分岐でしばし休憩。
水晶小屋まではとても気持ちの良い稜線散歩だった。やっぱり朝はいいな、、早起き頑張ろう(誓います

DAY4IMG_8872.jpg

水晶小屋手前から振り返る
DAY4IMG_8877.jpg

この日は疲れもあるのか、久しぶりの山小屋で良く眠れなかったからなのか、高山病で少し頭痛が。
とりあえず水晶小屋に荷物をデポし水晶岳をサクサクピストン。

DAY4IMG_8890.jpg

山頂から来た道を見下ろして。山頂直下は少し岩岩してた
DAY4IMG_8892.jpg

小屋に戻ると小屋の前は無風炎天下日差しギラギラで更にばててしまった。大休憩。
小屋は水不足で、経由する登山者へは1人につき500mlまでしかお水を売れないとのこと。このところ何日も雨が降っていないからどこも水不足で大変そう。

とにかく何か食べなきゃととっておいたリンゴチップス1袋をモソモソと機械的に口に突っ込み、痛み止めを飲んで、裏銀座へ。

DAY4IMG_8897.jpg

随分と色気のない荒涼とした稜線に変わる。
赤い岩がカッコいい。
なるほど。裏銀座とはこういう感じだったのか。

序盤の足元は固い土の上にサラサラと小砂利がのる場面が続き、思うよりも脚が滑るので体力気力を使った。
でも正直緑と青の稜線は少しお腹いっぱいで、この景色の変化はいい刺激だったかも。

下りてきたところを振り返る。一番高いところが水晶小屋。
DAY4IMG_8901.jpg

歩くトレイルがずっと見える事は気持ちいい反面、なかなか進まない苦痛もある。
山肌に綺麗についたトラバース道にはもう少し早く着くかと思ったけどなかなか差し掛からなかったし、入った後も意外な上り下りで脚はだいぶ疲れていた。
前半の疲れも出ていたのかな?

DAY4IMG_8919.jpg

つらい
俊くん撮影IMG_2651

野口五郎岳の山頂は真っ白でした
DAY4IMG_8925.jpg

野口五郎小屋は歩いてきた方向からは見えない斜面に這うように建っていた。
何で山小屋って青が多いんだろう?
ヘリから目立つから??と、書いていて最近の小屋は赤が多い事に気がついた。古い小屋は青、トレンドは赤?

DAY4IMG_8931.jpg

小屋の前で西日に当たりながらカップラーメンを食べた。あと、みかん缶。
美味しかったな…。他の登山者の方達とポツリポツリと会話をしながら休憩をしていたらだいぶ回復してきてホッとする。
今年のG.W.に裏銀座付近で連絡が取れなくなった大学生の方を探しに九州から来ていた方とも少しお話し。お父さんだったのかな…お盆に見つけたいと仰っていたけれど。その後少し私たちもトレイル脇を意識して見ていたけれど、まだ見つかっていないみたいです。

こういう山のサイン大好き
DAY4IMG_8932.jpg

そこから更にCTで2時間。

燕岳にいるイルカさんの兄弟を発見
DAY4IMG_8950.jpg

途中コースが2手に別れる箇所があり、お花畑コースを進むと、思いがけず沢山のコマクサに会えた。

DAY4IMG_8955.jpg

トウヤクリンドウの色合いがとても素敵だった。白とグリーンの花って好きだなぁ。

DAY4IMG_8957.jpg

そこからはトレイル脇にある沢山のコマクサに癒され、ペースも上がり、ようやく烏帽子小屋のテン場に到着。
ここも1番下のテン場から小屋までは徒歩10分位かかる。
到着も遅かったし下の池の脇に張り、落ち着いてから受付に行った。

DAY4IMG_8963.jpg

但しこのサイト、池の脇だからか?尋常じゃないくらい蚊が多くBig sky wisp1の蚊帳が無かったら虫に途轍もなく好かれる私はボッコボコになっていたかも。
高山であんなに蚊がいるのを見たのは初めてだったな。そして池横幕営地の宿命。これでもかっていうくらい結露しますw

Big skyの wisp1。一回り小さいルナソロって感じ。
DAY4IMG_8968.jpg

同志社大学の山岳部の学生さん達の横で楽しそうな会話をチラチラ聞きながら、4泊目の夜も18時くらいには眠くなり、最後に小屋まで頑張ってトイレに行き早々に就寝でございました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/192-e5f58f17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。