Posted by sablet

Posted by sablet
  1 comments
  0 trackback

紅葉の涸沢① 上高地~涸沢

涸沢カール。
山の紅葉といえば必ず目にする風景。
ずっと行ってみたい場所だった。
でもなかなか行く機会がなく…。

今年やっと行く機会に恵まれた!

紅葉の時期を推測し、三連休に狙いを定める。
どうやら前週はまだ少し早かったようで、タイミングも良さそう。
しかも三日間快晴予報。
これは期待出来るなー、でも混むんだろうなー。
と、覚悟して。しかし気合を入れて松本へ前乗り、前泊しました。

翌朝新島々までは松本電鉄の臨時電車で。
興奮して?1時間位しか寝れなかった…(; ̄ェ ̄)

新島々からはバスで移動です。

$臨機応変にゆこう


1日目のコースと時間は以下の通り。

2011年10月8日(土)

上高地BT(7:00発)-明神館(7:50)-徳沢(8:40)-横尾(9:30着)(9:50発)-本谷橋(10:55)-涸沢(12:45着)
行動時間:5時間45分

上高地のバスターミナルに着くと、それはそれはすごい人!

歩き始めてもとにかくすごい人。

よく見る梓川沿いの道は都内のどこかの歩道のように沢山の人が先を急いでいました。

明神でも。

$臨機応変にゆこう

徳沢でも。

$臨機応変にゆこう

横尾でも…(TwT。)

平らな道を15キロ位背負っての早歩きは結構疲れる…。
でも穂高はとてもいいお天気みたい(`・ω・´)v

$臨機応変にゆこう

涸沢のテント場はヤバイ事になってるんじゃないかと焦り、私たちも大分急いで歩いてみた。でも、横尾からの登山道は行列で最早抜く事も不可能。

$臨機応変にゆこう

本谷橋もすごい人!

$臨機応変にゆこう

しょっちゅう立ち止まり、まるで何百人のパーティーかのように知らない方とずーっと歩く。
ノロノロ、休み休みしか進まないので結局まとまった休憩はほとんど取らずに涸沢に到着。

ふぅー| ̄ω ̄、|

急いでテントを張る場所を探します。

$臨機応変にゆこう

整地しなくてもすんなり張れるような場所は既になく…

なんとかフラットに近い場所に決まり、石をどけ、ベンチを作り、、整地に30分くらいかけたかな・・・。
なんとか3日間を快適に過ごせそうな寝床の完成~!(●´▽`●)

テントの受付に30分位並び…おでんを買うのにも30分位並び…。
こんな経験もなかなかないもんだ。と、楽しみにしていたそんな涸沢の初日。

$臨機応変にゆこう

前回の八ヶ岳よりも防寒に気合を入れてきたので夜の寒さも全然大丈夫!(*´∀`*)
3シーズンのシュラフだけど、グランドシート系を3種敷いて貰ったので底冷えもなく、インナーとカバーも使用したおかげで寝不足も手伝って朝までぐっすり。

1日目は穂高の山奥で人混み疲れをするという滅多にないだろう経験で終了しました。

$臨機応変にゆこう

この日の涸沢のテントは過去最大の1200張近かったとか…。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/87-943c46db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。