Posted by sablet

Posted by sablet
  3 comments
  0 trackback

冬枯れの瑞牆山・金峰山へ①

今回の山行は11人で行ってきました。
普段あまり山に登らない人もいる大パーティー。
にも関わらず8名がテント泊という・・・
計画している時から大丈夫かな・・・と若干不安を覚えつつ・・・。

土日のお天気予報は曇り時々晴れ。気温も上がるみたい。
私は、あずさの特急料金を節約し(涙)、1時間近く早く出発して鈍行で韮崎まで・・・( ;∀;)
グーグー寝ていて、ふと甲府あたりで外を見ると下界の街がガスガス・・・。
こりゃ、今日は登らずにCAMPかしら・・・なんて思いながら韮崎駅に着くと、パーッと晴れてきた!
前日の雨が蒸発してただけかな?

あずさ組もやってきて、ジャンボタクシーで瑞垣山荘まで向かいます。
瑞垣山荘までは約50分、7人で約12000円。バスは片道2000円なので少し割安でしたv(。・ω・。)
車組の残り4名は渋滞にはまっているらしく来る気配がないので先に富士見平小屋まであがります。

$臨機応変にゆこう

落ち葉の道をサクサクと。紅葉も終わりすっかり冬の気配。瑞垣山が木立の間からちらちらと見えた。
そういえば、葉の落ちるこの季節は鳥の観察にはとてもいい季節なんだとか。
鳥のことは全然知らないけれど、さまざまな鳴き声や姿、形をする鳥についてもちょっと覚えたいな。
山を歩くのがもっと楽しくなるかもしれない。

40分くらいで富士見平小屋に到着。1泊なのにザックが16kgもあって辛かった・・・(´A`。)

$臨機応変にゆこう

U.L.ハイカーにはなれないな…。

さて、富士見平小屋のテント場はなかなか広くていいかんじ。

$臨機応変にゆこう

落ち葉の上にテントを張り、車組には後から来てもらうことにしてのんびり登山開始です。
歩いたコースとタイムは以下のとおり。

2011年11月12日(土)

瑞垣山荘(10:00発)-富士見平小屋(10:00着)<テント設営>(11:40発)-天鳥川(12:00着)(12:10発)-鋸岩(13:00着)(13:05発)-瑞垣山頂(13:25着)<ランチ>(14:05発)-富士見平小屋(15:30着)
行動時間(富士見平小屋から瑞垣山往復):3時間50分(コースタイム:3時間30分)

瑞垣山は花崗岩の山。
私の好きな花崗岩の山!(笑)
ここにもありました!!
山頂が楽しみ。

登る道々で沢山の大きな岩に出会います。

$臨機応変にゆこう

どの岩にもつっかえ棒。

$臨機応変にゆこう

これは、この山の常識?

$臨機応変にゆこう

なんだか面白い。

$臨機応変にゆこう

途中こんな岩のトンネルをくぐったりしながら。
$臨機応変にゆこう

特に危険な場所もなく山頂に到着。

$臨機応変にゆこう

周りの山がぐるり見える。
麓はちょうど紅葉がピーク。
この高度感たまらない。
高い所って大好き。

$臨機応変にゆこう

なかなか楽しい山頂でした。
もっと狭いのかと思えばそうでもないし。
もう少しのんびりしたかったな。

$臨機応変にゆこう

下山途中で車組みのメンバーと会うこともでき、私たちは先に下山。
ご飯の準備です(`・ω・´)v
今回は1人1品おかずを準備する。というルール☆
私は焼き肉にしました!(自分でルールを決めたくせに手抜きでごめんなさい)

$臨機応変にゆこう

でも、チンジャオロースとかハンバーグ、ホイコーローなどなどみんなのご飯がとっても美味しい。いろんな物をシェアしてお腹いっぱい☆
沢山おしゃべりをして、笑って、飲んで。しまいには踊って(*´∀`*)
たまにはこんなワイワイ登山も楽しいなと思った。
周りのテントの人たちにはうるさかっただろうけど…ごめんなさい。

消灯は20:30と聞いていたので最後に小屋のストーブで暖ろう!と、20時頃、一杯だけ小屋のBARに飲みに行きました。
素敵なご夫婦が迎えてくださって、ランプも素敵でいい雰囲気。

$臨機応変にゆこう

美味しいおつまみも出して頂き、みんなで最後にワインを頂きます。
なんだかとっても素敵な夜。

酔っぱらっててカメラの設定を全然変えずに撮ったので、ボケてますが…雰囲気は伝わるかな(*´∀`*)

$臨機応変にゆこう

富士見平小屋はその昔殺人事件があった小屋として有名な場所。
と、ゆうか「富士見平小屋」で調べると、小屋の情報より何より事件の事ばかり出てくる。
長い間、小屋の管理人さんもよくなかったとかで、清潔ではない、自炊小屋、寝具持参の小屋などの情報が多かったのですが、今年から管理人さんが代わりとても綺麗になっています。
素泊まり2500円、食事は事前要予約で4500円との事。寝具も1人300円?だったかな?で借りることが可能。トイレも綺麗な小屋でした。

$臨機応変にゆこう

雪の季節にもう一回来てみるのもいいかも。


20:30にはみんなでテントに戻り、満月を見ながら歯磨き。
思えばここ3カ月、毎月山で満月を見てる。
なんだか幸せな生活だなー。なんてほろ酔いの頭で思いながらシュラフに潜りこみました。




スポンサーサイト

Comment

サブレ says... "1. つっかえ棒"
色々な人のblogを見てみたけど、
みんなつっかえ棒について書いているね(笑)
一度見てみたいわ~。

それにしても山を楽しんでるねー。
このまま雪山も登っちゃいそうな勢いですなぁ。
2011.11.16 00:11 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "3. ステーキ!!"
あ~!見ましたその棒(笑)必死に岩を支えてる感じがなんだか可愛かったのを覚えています(。-_-。)

しかし、大パーティでにぎやかですね~ステーキヤバイ!美味しそう!サブレさんの山ご飯はいつもお酒に合いそうでよだれものです。

天気にも恵まれて、素晴らしい展望。サブレさん今にも飛び立ちそうですね!

この時期のテント泊て寒そうで敬遠してしまうんですけど、実際どうなんですか?
2011.11.16 10:20 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "5. いい雰囲気が伝わります。"
富士見平小屋の夜は素敵ですね。
外見からは想像できない雰囲気です。
テント場もいいな~と思っていましたが、この小屋の感じなら泊まってみたくなりました。

山頂の大ヤスリが眺められる場所は私も好きな場所です。
立ちポーズはとっても気持ち良さそうな写真ですね。
2011.11.17 07:57 | URL | 79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/91-13441c1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。