Posted by sablet

Posted by sablet
  7 comments
  0 trackback

冬枯れの瑞牆山・金峰山へ②

夜はまったく冷え込まず朝までぐっすり。多分5度くらいまでしか下がらなかったんじゃないかな?
少し寝坊してしまい、5時半に目覚めました。
小屋の中で火を使わせてもらい、朝ごはん。
朝焼けに染まる富士山がとても綺麗。サスガ"富士見平小屋"。

$臨機応変にゆこう

11人のうち、2人は登らない、と言うので・・・Σ(゚д゚lll)9人で金峰山へ!
歩いたコースタイムは以下のとおり。

2011年11月13日(日)

富士見平小屋(6:55発)-大日小屋(7:40着)(7:50発)-大日岩(8:25着)(8:30発)-砂払いの頭(9:20)-金峰山山頂(10:20着)(10:45発)-金峰山小屋(11:00着)<ランチ>(12:05発)-大日岩(13:05)-富士見平小屋(13:55着)
行動時間:7時間(コースタイム:6時間45分)


トイレの脇あたりから登山道へ。
落ち葉のが柔らかくてフカフカ。
飯盛山(八ヶ岳のほうにあるやつと同じ名前!)という小さなピークをトラバースするかたちで緩く上がっていきます。
なかなかいい道。

$臨機応変にゆこう

途中大日小屋のあたりで休憩。

$臨機応変にゆこう

大日小屋は閉まっており、富士見平小屋のご主人が管理しているたい。「泊まる場合は富士見平小屋に言ってください」となっていました。
トイレは一応開いていましたが、なかなかな古風なトイレ・・・。真っ暗で、木枠の中にするとそのまま森の中に落ちるような感じ。
使用していいのかな?という感じでした。

このあたりから少し進むと、石と泥の登山道が続きます。
ここが一番大変だったかな。

大日岩でも休憩し、引き続きワイワイと山頂へ向かう。

$臨機応変にゆこう

途中、カラフルなかわいいハシゴ(*´∀`)

$臨機応変にゆこう

段々と木が低くなってくる。
風や雪と戦いながら負けずに立っている姿は綺麗。
$臨機応変にゆこう


森林限界に出ると、金峰山の山頂までの稜線が綺麗に見える。

$臨機応変にゆこう

富士山も今日も綺麗。
雲が鯵の開きみたい・・・
$臨機応変にゆこう

前日に登った瑞牆山は随分下の方に見える。そうか、こんなに高さが違うのか。
370mの高さの差ってこのくらいか、と頭にインプットする。

風もなく穏やかな朝はすごく気持ちが良かった。

$臨機応変にゆこう

山頂は開けていて、五丈岩がどどん。と陣取っています。
どうしてこんなおっきな岩が積まれているの?
山岳信仰の対象だった事もうなずける雰囲気の山頂でした。

$臨機応変にゆこう

$臨機応変にゆこう

一頻り写真を撮り終わったら金峰山小屋まで降りてお昼ご飯&ビールですo(´▽`*)/♪

$臨機応変にゆこう

デザートにはおしるこを食べました。 焼き餅が入っていて美味しかった~。

$臨機応変にゆこう

黒ラブのゆずくんもカワイイ。お日さまの下でくるん。と丸くなって寝ていて、猫みたいな子でした。
泊まりだったらもっと遊べたのに、ごめんね。すごーく遊んで欲しそうな顔してた・・・。

$臨機応変にゆこう

さて、下山は少し急ぎます!テントを張りっぱなしなので、テント組は早足で。
おかげで相当巻いて富士見平小屋に到着しました。
居残り組みはまったり落ち葉の上でお昼寝を楽しんでいた模様。
それはそれで楽しそうだなぁ。

テントを片付け、少し軽くなったザックを背負って落ち葉ふかふかの道を瑞垣山荘登山口まで帰ります。30分くらいだったかな。

$臨機応変にゆこう

お天気にも恵まれ、金峰山はお気に入りの山の一つになりました。
次は残雪の頃に来てみたいな。

スポンサーサイト

Comment

olager says... "1. 無題"
すごい!!
富士山丸見えだね( ´艸`)
しかもたくましい山☆

鳥居もなんかすごい!!
ラブも可愛いし、鯵の開きも笑えるし、良い山登りだったみたいだね♪
2011.11.17 14:33 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "2. 無題"
お汁粉食べたねw

読んでたら僕も金峰山に行きたくなりましたよ。
写真も良いし。
山の空気感が伝わってくる良い写真。
雪が付く前に行きたいなぁ。
いや、本気で行きたくなりますよ。

あとパックウエイト16kgって重すぎw
フライパンは解る。
他は何入れてんだ?w
2011.11.17 21:54 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "4. Re:無題"
>jackieboyslimさん
金峰山、いい山ですね!
好きになりました。

パックウエイト16kgはですね…。
ライトハイカーの方から見ると怒られそうですね(笑)

いい機会なので棚卸してみると…
まず、ザックが重いですねー。
■GREGORY DEVA:2.5kg
■テント関連:本体1.4kg+グランドシート、orbitで2kg位?
■ジェットボイル487g+ガス194g=681g
■フライパン:517g
■シュラフ関連:1kg(シュラフ520g+ライナー136g+カバー380g)
ここまでで、6.7kg



あとは洋服とか食料(肉だけで1kg)、飲み物1kg、FirstAID kit、RainWear、ザックカバー…だけ?って考えるとおかしいですね…。
うーん。

この間涸沢に4泊行った時の重さと変わらないなー…。

うーん。

ジャキさんは1泊野営装備でどの位の重さなんですか?(`・ω・´)
2011.11.17 22:18 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "5. 無題"
あくまでも奥多摩、奥秩父等の森林限界以下の低山での3シーズンの話という事で。参考に程度でよろしくです。

UL系のバックパックにしてグランドシートとマットの見直しだけで3kgは削れるんじゃないのかな?
あと自立テントでシュラフカバーは要らないんじゃないのかな?って。
あ、でもフライパンは持って行くべきだと思うw

僕は女の子にこそULだと思ってる。確実に疲れないから余裕が生まれ精神的にも肉体的にも安全だと思うんだ。もっと写真を取る余裕も生まれると思う。
まぁ、僕は山キャリアも浅くてまだ3年しか歩いてないから偉そうな事言えないんだけどね。

一応参考までに。去年の長沢背稜ハイクの時のリンク置いておく。
http://bah.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post.html

今読むと恥ずかしw
2011.11.17 23:35 | URL | 79D/WHSg [edit]
tatsu_m1113 says... "8. 無題"
ゆず君カワイイですね!富士見平小屋にいるんですか?テント泊でのんびりしながらこんなワンコと遊べたらすごくいいだろうな~♪

今年同じルートで金峰山を目指した時は雪で断念したので、サブレさんのルートは歩いた事無いんですよね、あの時は鷹見岩から金峰山を眺めただけで・・・羨ましい(´・_・`)

天気も良かったようだし、いつもいい山歩きしてますね!僕も一緒にテント泊できるような仲間が欲しいなぁ( ;´Д`)

二日間の山旅お疲れ様でした(^人^)
2011.11.18 09:41 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "9. Re:無題"
>tatsu_m1113さん

ゆずくんは金峰山小屋にいます。テント場はないので小屋泊になりますが、綺麗でしたよ(^_-)

テント泊する仲間は…今回の友人達は年に一回位なので、コンスタントにテン泊一緒にしてくれる友達はいないですよねーww

やっぱり山の深いところにいると、おじちゃんおばちゃんが多いですもんねー。
春になったら是非行きましょう!
2011.11.18 10:08 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "10. いろいろイイけどやっぱり・・・"
こんばんはー

奇岩の山、いいですね~
眺めるだけでもワクワクする感じで♪

真っ黒なワンコも可愛いし!


でもでも、やっぱりステーキ!!
ステーキ・・・じゅるっ
涸沢小屋にも焼いてた人いたんですよね
フライパン必須ですね~
2011.11.23 18:52 | URL | 79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/92-7cdac265
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。