Posted by sablet

Posted by sablet
  2 comments
  0 trackback

富士宝永山 雪山講習 ②

では、出発。

$臨機応変にゆこう

出発前にピッケルを使った耐風姿勢の取り方を教わる。
横風を受けないように、なるべく背中に風を受ける。もし無理なら正面から受けるようにしてピッケルを正面に刺し、低くなって頭を下げる。
人間は横風には弱いんだ!と。

教わっている最中も14キロ以上あるザックが飛んで行きそうになったり。ピッケルがカランカラン転がってたり。。

不慣れなアイゼンで火口の斜面を下りる。
こんな必死な目に遭うとは思わなかった…と若干泣きそうになりつつ、いざ下山!

耐風姿勢。なんでみんな違う方向むいてるんだ?(笑)ダメじゃん…(^_^;)
$臨機応変にゆこう

これからは風下に向うから風も弱まるよ。
という言葉を信じて。

とにかく天気だけはいい。
$臨機応変にゆこう

でも、確かにひとたび火口に入ってしまえば風も弱くなり、途中何度か耐風姿勢を実践しつつ下りていく。
風があっちこっちから吹くから、読みきれず横風を受けてバランスを崩してヒヤっとしたり。
正面で受けるっていうのも結構むずかしい。

$臨機応変にゆこう

昨日は分からなかったけどこんな景色だったんだ…。
富士山が近すぎて富士山だと思っていなかったり。
宝永山もまじかに。

火口から見上げる富士山が近い!
$臨機応変にゆこう

宝永山。
$臨機応変にゆこう

少し余裕も出てきて、滑落停止方法やピッケルの使い方のレクチャーを受け、練習しながらみなで思い思いに歩く。

$臨機応変にゆこう

私はすっかりテンションもあがり風のことなど忘れてルンルン♪

$臨機応変にゆこう

いい景色だ!!

$臨機応変にゆこう

$臨機応変にゆこう

誰も歩いていない雪原を。
$臨機応変にゆこう

宝永山を振り返る。
$臨機応変にゆこう

愛鷹山も綺麗に。
$臨機応変にゆこう

すっかり安全地帯にたどりつきもう安心。
天然カキ氷をしたり、お絵かきしたり。

コンデンスミルクかけるだけでこんなに美味しいなんて!
$臨機応変にゆこう

$臨機応変にゆこう

ほとんどずっとラッセルで足はかなり疲れたけど楽しい雪山歩き。
私はやっぱりこういうのが好きだな。
岩稜帯をアイゼンで歩く技術なんてなくていいや・・・と思ったりして。

火口を抜けた後は、トレースのない道を膝下まで毎回ズボズボ埋まりながら。

樹林帯まで下りてきてやっとご飯にありついた。
温かい物が食べられる幸せ♪( ´▽`)

それにしても、この山のサインは少し分かりづらい。
今いる現地点が幕岩なのか、この矢印の先が幕岩なのか?
あとどのくらいなのかの記載はなし。

$臨機応変にゆこう

この辺りでサインに騙され少し迷った。
みんなで地図読み講習で習った知識を駆使し、正しい道を探す。
やっぱり冬は道が分かりづらい。

$臨機応変にゆこう

帰りに御胎内神社に寄ってお参り。
洞窟の中に木花開耶姫(コノハナノサクヤビメ)が祀られている。
みんなで通ります!
安産の神様なんだって。

$臨機応変にゆこう

下山後駐車場からの富士山。
荘厳な雰囲気に思わずお辞儀。

$臨機応変にゆこう

ありがとうございました!

スポンサーサイト

Comment

tatsu_m1113 says... "1. うわ~!スゴい!"
サブレさんスゴイですね!冬にこんな場所行っちゃうだなんて、カッコ良すぎです。

自分にはまだ縁の無い世界ですが、これだけ壮大な景色を見るとなんだか胸の奥がウズウズします(笑)

①の記録みたいにガスったり強風の時ってやっぱり相当怖いんですかね?いつも思いますが、サブレさんはもちろんのこと、お友達も皆さん山慣れしてる感じなのでヘッチャラなんですかね。

僕の周りにはそんなアウトドアに精通した友達全くいないのでワイワイ楽しそうで羨ましいです。
2012.02.29 23:19 | URL | 79D/WHSg [edit]
サブレ says... "2. Re:うわ~!スゴい!"
>tatsu_m1113さん
ウズウズ!\(//∇//)\
いってみましょう!富士山!(笑)
やっぱり富士山は異次元でした。
見られる景色が全然違う。スケールも☆

私は怖がりなので、風にもガスにもいつもとっても不安な気持ちになってビクビクしてますよー。
でも、この気持はずっと持っておきたいと思ってます。鈍感になったら痛い目見るかな、と。
ま、今回はガイドさんという大きな精神的支柱があったので、安心でした( ´ ▽ ` )ノ
2012.03.01 08:08 | URL | 79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://debrouillard.blog.fc2.com/tb.php/99-5c222f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。